目の下 くま 睡眠

人気のセラミド化粧水を徹底レビュー@プル子のコスメガイド

保湿対策におすすめなセラミド配合化粧水を、詳しくレビューしているサイトです。紹介している化粧水は全て管理のプル子が使用した上で評価しています。敏感肌や乾燥肌に人気のセラミド化粧水の、本当の評価や口コミを知りたい方はご覧になってみてください。

睡眠だけで目の下のくまは取れないって本当なの?

目の下のクマが目立つようになってくると、「ちょっと寝不足なんじゃない?」、「もしかして、昨日徹夜(オール)した?」なんて言われる機会が増えてきますよね。

徹夜
そのように、心配してくれる方がいることは、とてもありがたいのですが、中には『昨日はしっかりと寝たのに、クマが出来ているなんておかしいなぁ…』と思う方もいるはずです。


世間一般では、クマは寝不足や疲れがひどいときに出来ると思われがちですが、実はそれだけが原因とは限りません。クマにもいくつかの種類があり、それぞれに原因と対策は異なってきます。


ですからクマを解消したいのであれば、自分の顔のクマの原因が何であるかを、きちんと理解してそれに応じたケアをしてあげる必要があるんですね。


そこで以下では、代表的なクマの種類とそれぞれに応じた対策方法を紹介します。


クマの種類と対策方法

1.青ぐま(血行の悪化)

目の周辺に血液がたまることによって生じるクマです。寝不足や疲れなどの原因の場合に起こるがこのクマになります。ただし、しっかりと寝ていても、血行が悪い方には出やすい症状です。


改善するためには、血行をよくするウォーキングなどの有酸素運動が基本的なケアとなります。それから、タバコを吸っている方は、血流低下で青ぐまができる原因になりますので、すぐに禁煙をするようにしましょう。

タバコ

2.黒ぐま(たるみ)

下まぶたの皮膚が彼により薄くなることで、眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えられなくなり出来るクマです。実はクマとは言われていますが、前に出た脂肪によってできる影が原因になります。


ちなみに女性の方もクマの悩みのほとんどが、実はこのタイプです。原因は上述したように『たるみ』になりますので、肌にハリを与えるためにも、コラーゲンを増加させるケアに取り組みましょう。


ですので、エイジングケアの化粧品を使って継続的にケアをすることが重要です。例えば、ディセンシアのアヤナスのような基礎化粧品でしたら、コラーゲン生成をサポートしてくれる『CVアルギネート』が配合されているため、対策にはおすすめできます。

アヤナス

3.茶ぐま(シミ・くすみ)

そして、3つの目のくまが茶ぐまと呼ばれるものです。これは、目の下にできる小さく細かいシミやくすみが離れて見ると、クマのように見える症状です。


シミやくすみは一度出来てしまうと、ピーリングの処置をしないと消すことが難しくなります。そのため、シミが出来ないように日焼け止めやサエルのような美白化粧品で、普段から予防のケアをしておくことが重要です。

紫外線

以上がクマの種類とその対策方法となります。クマは睡眠をとっただけで治るような、簡単なものではありません。原因をしっかりと把握した上でケアに取り組むようにしてくださいね。

 


【人気】敏感肌におすすめの保湿化粧水ランキングはこちら(↓)

保湿化粧水ランキング

※ さまざまな敏感肌用の保湿化粧水を実際に使用して評価した上で、ランキング形式で紹介中!

この記事に関連する記事一覧

【check!】保湿化粧水ランキング

保湿化粧水ランキング

敏感肌の女性におすすめの保湿化粧水ランキングを紹介中!すべての商品を通販購入し、実際に使用してみました。

⇒ 保湿化粧水ランキングはこちら

当サイト評価1位の化粧水

ローションセラムE

当サイト総合評価1位のおすすめの化粧水『ローションセラムE』。ヒト型セラミド配合がナノサイズで配合された、敏感肌におすすめの化粧水『つつむ・ローションセラムE』。

⇒ つつむの化粧水の口コミはこちら

保湿クリームの解説はコチラです

プル子の保湿クリームランキング

当サイトの管理人プル子が運営中の姉妹サイト。化粧水では無く、保湿クリームについて詳しく知りたい方はこちら(↓)からご覧頂けます。

⇒ プル子の保湿クリームランキング


最近の記事
カテゴリー
検索
【注目!】今月人気№1の美白コスメ

サエル

美白が効きにくい敏感肌の女性も使える新感覚コスメ『サエル』。芸能人にも愛用者が多く、優木まおみさんも妊娠中に使用していました。
⇒ サエルの詳しい情報はこちら