セラミド 30代

人気のセラミド化粧水を徹底レビュー@プル子のコスメガイド

保湿対策におすすめなセラミド配合化粧水を、詳しくレビューしているサイトです。紹介している化粧水は全て管理のプル子が使用した上で評価しています。敏感肌や乾燥肌に人気のセラミド化粧水の、本当の評価や口コミを知りたい方はご覧になってみてください。

30代に敏感肌の女性が多い理由はセラミドの減少です

女性の肌は年齢とともに、乾燥・シワ・くすみ・くまなど様々な問題が起こってきます。これは、加齢により肌内部で美しい肌をキープするための成分が徐々に失われていくからであり、誰しもが悩む問題ですので仕方がありません。

肌が気になる女性
大切なのはそのような症状が起こったときに、きちんと対策としてケアをすることです。


例えば女性の場合、30歳を超えると肌が弱くなり『敏感肌』と呼ばれる肌質になる方が急激に増加します。もし、あなたが以下に示すいずれかの症状に悩んでいるとしたら、それは敏感肌である可能性が非常に高いです。


■敏感肌によく見られる症状

化粧水がピリピリしみる

洗顔料をつけて顔を洗うと痛い

美白化粧品を使うと肌に赤みが出る

まぶたやほほに赤みができやすい

口周辺に粉を吹きやすい

10代の頃ニキビが出来やすい体質だった

手で顔を触るとザラザラ感が気になる

以上の7つがチェック項目です。もし、いずれかに当てはまる方は敏感肌の可能性があるため、すぐにケアに取り組んだ方が良いです。


敏感肌は摩擦や紫外線のダメージを受けやすいため、そのまま放置をするとシミ・くすみ・肌荒れの原因になってしまいますからね。特にシミやくすみは一度出来てしまうと、解消することが難しいので、それらができるのを予防するためにすぐに敏感肌の解消に取り組みましょう。


では、敏感肌の原因が何なのか?についてですが、アラサー付近の年齢で急に肌質が変わり敏感肌になった人の場合、そのほとんどのケースが肌表面の角質層になくてはいけない『セラミド』の不足です。

セラミド不足の原因
セラミドは保湿のためだけに重要であると理解されがちですが、実はバリア機能を高めるためにも大切な役割を果たす物質になります。ですから、ダメージに強い肌へ戻すためにも角質層のセラミドを増やすことを心がけましょう。


そのために最も簡単な方法が、セラミドが配合された化粧水やクリームを活用して、ケアすることです。ただし、セラミドの中には『疑似セラミド』と呼ばれる合成して製造された物質もあります。


例えば、花王のキュレルローションやフェイスクリームに配合されている『ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサでカナミド』が疑似セラミドと呼ばれる成分です。

キュレルフェイスクリームとローション
もちろん、肌に不足する分を補給するわけですから、そのような疑似物質を使うべきではありません。多少値段は高くなりますが、本物のセラミドが配合されたコスメを活用することをお勧めします。


なお、エイジングケアや美白ケアが必要なく、敏感肌の解消ためだけにセラミドを補給したいのであれば、ディセンシア『つつむ』が良いでしょう。値段も安くセラミドがナノカプセル化して配合してあるため、肌内部へも浸透しやすいよう工夫されています。何より料金も安いです。


当サイトでもつつむを実際に使用した評価したレビューを掲載していますので、よろしければそちらもご参考にしてみてください。

 


【人気】敏感肌におすすめの保湿化粧水ランキングはこちら(↓)

保湿化粧水ランキング

※ さまざまな敏感肌用の保湿化粧水を実際に使用して評価した上で、ランキング形式で紹介中!

この記事に関連する記事一覧

【check!】保湿化粧水ランキング

保湿化粧水ランキング

敏感肌の女性におすすめの保湿化粧水ランキングを紹介中!すべての商品を通販購入し、実際に使用してみました。

⇒ 保湿化粧水ランキングはこちら

当サイト評価1位の化粧水

ローションセラムE

当サイト総合評価1位のおすすめの化粧水『ローションセラムE』。ヒト型セラミド配合がナノサイズで配合された、敏感肌におすすめの化粧水『つつむ・ローションセラムE』。

⇒ つつむの化粧水の口コミはこちら

保湿クリームの解説はコチラです

プル子の保湿クリームランキング

当サイトの管理人プル子が運営中の姉妹サイト。化粧水では無く、保湿クリームについて詳しく知りたい方はこちら(↓)からご覧頂けます。

⇒ プル子の保湿クリームランキング


最近の記事
カテゴリー
検索
【注目!】今月人気№1の美白コスメ

サエル

美白が効きにくい敏感肌の女性も使える新感覚コスメ『サエル』。芸能人にも愛用者が多く、優木まおみさんも妊娠中に使用していました。
⇒ サエルの詳しい情報はこちら